読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北国の日常

北海道の右側(道東)の田舎町にすむオバチャンの日常です

お散歩その2


いつもは家のことやったりダラダラ休んでから
母宅に行くのですが、昨日の今日なので
今日はお昼過ぎに顔を出してきました
ワンコも母も元気にいましたし
何かを聞きに訪ねてくる車もなかったようです
ちょっとホッとした、、、、、

そんなわけで、涼しくなってきたこともあり
日中だったけどワンコとお散歩へ、、、
(今まで日中はワンコが暑くてつらいので避けてたの)

今日は晴れ間がでて雨も降らなかったので
山はこんな感じ

下の方にうつってるのは
牛の飼料のデントコーンです

例年、牧草地になっていたところが
今年はコーンの畑になってます
雨続きだったからどうなのかなぁ、、、
実がスカスカになってるかもしれませんね
それでも、鹿や熊にはご馳走なので
遅い時間には歩かないようにしています、笑
(鹿はいいんだけど熊は怖い!!)

昨日の虹が出ていた空は、今日はこんなに青く
晴れてます〜〜〜やっぱ気持ちいい!

ワンコを道路端にちょっとつないで
画像をパチリ

もっとかわいく撮ってあげればよかった〜〜〜

このコは力が強くって
お散歩の最初の数百mは、ホントは走りたいくらい
気持ちが先走っちゃうんです
それをギュッと抑えて歩かせるので
最初のころは肩に負担がかかって
整形外科に行くくらい痛みがありました
そのうちワンコも言うことを聞くようになりましたが
ヘタするとうちの息子どもでも引っ張られるくらい
まだ若くて力の強いワンコなので
お散歩(&シツケ)は母ではなく私の役目です

秋田犬ほどじゃないけど大型の部類です
でも、大きめの車(ダンプやトラクターなど)が来ると
ささっと私の後ろに隠れます、笑
この時、私の足の間をくぐって隠れたりするので
リードに自分の足が絡んで転びそうになったことも、、、
ま、おとなしいのでリードが手から外れたこともあったけど
呼ぶとすぐに戻ってくるので助かります、汗
人気のない道路だからこそ、ですけどね
キツネを見かけると我を忘れて走りだそうとするんですが
抑えるときにひねった手首がなかなか治りません、泣

子犬の時は甘噛みのクセがなかなか取れず
怒られてばかりだったんですが
元気のいいコなのになかなかお散歩してやれなくて
ストレスがたまってたようです
雪道ではこのコの力に対応できなくて
(子犬のときから力が強かった)
転んでケガ、、、いや、打撲しました、汗
北海道の道路は、道の端っこは雪じゃなくて氷なの
しかも除雪車の通った後のキャタピラー型に
凍りついたガタガタの氷で転んだので
ほんとしばらく痛みがありましたよ、、、、泣
骨折しなくてよかったわ〜〜
今年はいつまでお散歩できるかなぁ、、、、

                                                                                              • -

昨日の車から出てきた男の子(小学校低学年くらい)
自分ちの犬だと思って?近づこうとしたんだろうけど
普通の親なら、よその家の犬と飼い主がいるところに
しかも大型の犬なのに、子供を近づけるなんて
、、、、、、ありえないっ怒!
あれは多分、父親だけだったんじゃないかなぁ、、、、
母親が一緒ならそういうことさせないと思うし、、、

うちの次男はムツゴロウ並の動物好きで
虫も大好き(クモも蛾もそっと手に乗せる子です)で
生き物とすぐに仲良くなる子なのです
だからよそのお宅の犬とも仲良くしたい子なんですよ
だけど、どんなにおとなしいワンコであろうと
よその家のは絶対にダメ!!と強く言い聞かせていました
繋がれてる犬に近寄って、万が一噛みつかれても
それは近寄った方が悪いんです
だけど、怪我させた場合、人を噛んだ犬ってことで
保健所に殺処分で連れ込むパターンもあるんですよ
どっちにも不幸なことになりかねないでしょ

うちのワンコが喜んで飛びついて、子供が倒れたときに
もし打ち所が悪かったら、、とかいろいろ考えちゃう
だって大人でもふいに飛びつかれたら転ぶくらい大きいんですもん
そうなったときは、たとえ繋いでいる犬でも
こちら側の落ち度になりかねない、、、、、、
ましてや、散歩の途中でリードをしっかり持っていても
勢いがついた大型ワンコの力の強さは抑えきれないこともあるし
もーーーーほんっとにああいう行動をさせて平気な親には
怒りしか感じないですわ(。-`ω-)

我が家にもワンコがいて、中型なんですが
捨てられたときつらい思いをしているので
とても臆病なんですよ
近所の子供たちは、大きな声を出したり
わざわざ犬の前でボール遊びをしたりすることがあって
夏休み対策で近づけないよう道路側に網を張りました
今のは臆病で小屋の後ろなどに隠れるからまだいいんですが
先代犬はそういう子供によく吠えてたので
小石を投げてくる子もいたようです(玉石が不自然に落ちてた)
かわいがろうとして近づかれるのも困るし
こういう風に繋がれた犬に悪さ(故意じゃなくても)を
されるのも本当に困るんです

、、、、今の子育てしてる若い親御さんって
そういうイキモノへの教育、ちゃんとしてないのかな〜〜
ま、同世代でもイキモノが嫌いな親の子供は
そういう風に育っちゃってたような気がするけど、、、
少なくとも、よその犬や猫にかかわるのはやめさせて欲しい
子供嫌いな私は、こういう子をみるとイラッとしちゃう

ワンコにとっては母宅のように人家の少ないところのほうが
安心は安心かも〜〜ってときどき思います