読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北国の日常

北海道の右側(道東)の田舎町にすむオバチャンの日常です

さむ〜〜い


ついに最高気温が一桁になってきたよ
朝は冷え込みます
体温が下がる朝方に、冷え込みが強くなると
テキメンに頭痛がしてきます
体温が35℃くらいに下がると熱っぽさを感じ
頭痛がなかなか取れなくなってしまうので
ストーブの前にはりついて背中から温め
少し元気になってきたら熱いシャワーを浴びて回復
今日もそんな感じで36.1℃に戻りました
たいていはこれで頭痛もなくなるのですが
今日は頭痛がとれず、やむなくロキソニンを1錠(´;ω;`)ウゥゥ

実は先週後半から右の肩と腕の付け根あたりの
関節がコキコキ音をたてて痛むのです
腕が抜けちゃうような外れちゃうような、、、
歩いて前後に腕が振れるだけで痛いんです
これが五十肩か???
すぐ病院に行きたかったんですが
仕事の都合で行けず、、、今日に持ち越しました
田舎町なので総合病院の受けつけは午前のみ
土曜は救急と小児科以外受け付けてないんですよ
(総合病院のくせに〜〜〜〜!!!)

田舎が過疎化するのを止めるには
教育と病院が必要なんじゃないかと思いますね
大学とはいわないけど、介護施設や療養入院先が
あるわが町なので、それ系の専門学校を誘致すれば
若者が地元の学校に通い地元で就職することも可能でしょ
教育、病院、介護が充実していれば
若い子育て世代が街に戻ってきやすいし
なんつーか、、、ただただ高齢化の町になって
町に残るのはヤンキーが多い、みたいなの
いい加減かえていかないと、、、、って思います
まあ、小市民がぼやいてもなかなか変わりませんけどね

ってなわけで、混み混みの月曜の整形外科、、、(;´・ω・)
関節に石灰質がたまって痛くなる、らしいです
今年の春先に左手首を痛め ←重いものを持ってひねった
3年くらい前には左の肩を痛め ←母のワンコの散歩
整形外科に通った経緯をみながら
「若いのにずいぶん肩にくるんだねぇ〜」と
医者に言われました、、、若くないけど、笑
整形外科といえばおじいちゃんおばあちゃんが多いので
比較すりゃ若い部類なんでしょうかね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

この痛みはあと数日我慢すればなくなってくるらしいけど
これによって肩こりが悪化しちゃって
首〜肩〜背中〜そして胸の筋肉までガチガチです
胸、背中まで固まっちゃうと
頭痛、吐き気、ふらつきの原因になってしまいます
(愛子さまのふらつきとは違うと思うけど、笑)
関節の痛みよりこっちの方がしんどいわ〜〜〜泣
ちょっと痛くても我慢するから
肩こりがすぅっと解消されるような注射ないかなぁ、、

今週は低体温と肩こりのWパンチでスタート
痛み止めのロキソニンは頭痛には効くけど
肩の痛みにはあまり効果がないような、、、、(;'∀')
睡眠が浅くて疲れが残るのは多分この肩こりのせいですが
肩こり解消する薬はないと言われました
痛み止めのロキソニンとシップで乗り切らねばなりません
が、がんばるじょ、、、汗

日中の眠気と闘っております
手ごわいです、笑
昼寝したい〜〜けど、そんな理由じゃ会社休めない〜〜〜〜